浜口歯科クリニック

相模大野駅 駅近 南口徒歩3分 浜口歯科クリニック

 TEL.042-860-1511



 〒252-0303
 神奈川県相模原市南区相模大野
 7-18-3
 http://www.hamadc.com

歯周病治療・予防歯科

歯周病とは

歯周病(=歯槽膿漏)とは歯を支えている組織に起こる病気です。虫歯とともに口腔の二大疾患と呼ばれ、痛みなどの自覚症状が少ないため、症状の進行に気づきにくいのが特徴です。歯周病が進むと、歯が抜けてしまうことも少なくありません。成人では、歯を失う最も大きな原因は虫歯ではなく歯周病なのです。

歯周病のサイン

こんな症状が感じられたら歯周病の可能性があります。
・ブラッシングすると歯肉から出血する
・歯肉が赤くはれていて、引き締まらない
・歯肉から膿が出る
・硬い物をかむと痛い
・前歯が出てきて、出っ歯になった
・朝起きた時、口の中がネバネバする
・歯がぐらぐらする
・口臭があるとよくいわれる

歯周病の進行

  1. 健康な歯の状態

    歯は歯槽骨という顎の骨に埋まっており、歯と歯槽骨は歯根膜という繊維でつながっています。歯肉は歯槽骨をおおって保護しています。

  2. 歯肉炎

    歯の周りに食べかすなどが残っていると、歯周病菌が繁殖し歯垢(プラーク)となります。歯垢は黄白色でねばねばと歯に付着しています。歯垢の中の歯周病菌は毒素を出し、歯肉に炎症を起こします。この時期の症状は、歯肉の違和感や歯磨きのときの出血などです。歯垢は歯磨きで取れるので、歯磨きを丁寧にすると健康な歯肉に戻ります。

  3. 初期の歯周病

    進行すると、歯を支えている歯根膜に炎症がひろがり歯槽骨が溶け出してきます。歯垢は硬い歯石になります。歯石は歯垢が石灰化したもので、歯ブラシでは取れません。歯肉が腫れて充血し、より出血しやすくなります。また、体調が悪いと腫れて痛むことがあります。口臭が感じられるようになってきます。

  4. 重度の歯周病

    重症化するとさらに歯槽骨が溶け、歯がぐらぐらし始めます。歯石は根の深くまで付着し、より硬くなります。歯肉が腫れやすくなり、硬いものをかむと痛くなることがあります。

歯周ポケットとは

歯周ポケットとは歯(歯根)と歯肉の間にできる溝のことをいいます。健康な歯肉は歯と歯肉がぴったりと密着しているので溝が浅いのですが、歯周病が進むと歯肉は腫れ歯周ポケットは深くなっていきます。検診の際には歯周ポケットを測定し、歯周病の進行度を測定します。また、歯周病の治療後は、回復の程度の目安となります。

 歯周ポケット 進行度 症状
 1~2mm  健康な歯肉  歯肉が引き締まり、出血もない
 3~4mm  初期の歯周病  歯肉の違和感、歯肉の出血、口臭
 5~6mm  中期の歯周病  歯肉の腫れ、時々歯肉が腫れる、口臭が強くなる
 6mm以上  重度の歯周病  歯肉から膿が出る、歯がぐらぐらする、かむと痛む

歯周病の治療

  1. 歯周基本治療

    歯周病の原因の一つである歯垢を取り除くため、歯みがきの練習を行い、歯石のクリーニングの徹底や、かみ合わせの治療、古いかぶせものの交換などを行います。歯垢や歯石を取り除き、歯みがきのしやすい環境を整えていきます。

  2. 歯周外科治療

    歯周基本治療をしても、4mm以上の深い歯周ポケットが残っている場合や歯肉の腫れを繰り返す場合は、歯周外科による治療を行います。手術を行うと歯周ポケットが改善し、腫れにくくなって、歯のぐらつきが改善されます。

予防歯科

口腔内を健康な状態に 保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。「歯みがきをしっかりしているから大丈夫」という方が多いようですが、歯みがきだけではとれない汚れがあり、汚れがたまると歯垢や歯石が付き始め、虫歯や歯周病予備軍に。当院では、一人ひとりの口腔内にあわせてメンテナンスの方法や定期健診の時期についてアドバイスさせていただきます。

  1. 歯石のクリーニング

    超音波の振動を使って歯石を浮かせて洗い流す器具を使用します。初期の歯周病では短時間で歯石はとれますが進行した歯周病では、数回のクリーニングが必要になります。歯石を取り除くと、歯肉の腫れがもとに戻り歯周ポケットが浅くなっていきます。初期や中期の歯周病は歯石のクリーニングで症状がおさまります。また、日常の歯の黄ばみや着色は、定期的な歯石のクリーニングで元通りの白い歯に戻ります。

    ・歯石のクリーニングを行った歯

  2. 歯みがき指導

    虫歯予防・歯周病予防には 毎食後のハミガキが欠かせません。ハブラシの持ち方・当て方・動かし方を指導します。また、歯と歯の間の清掃に効果的なフロスや歯間ブラシの使い方や電動ハブラシの使い方、汚れがとれやすいハミガキ剤の紹介なども行っています。

    ・歯みがきグッズ

  3. 口臭予防

    口臭があるのでは?と不安を感じていると、人と楽しくお話ができなくなってしまいます。口臭の発生原因を理解してきちんと予防を行えば、口臭で悩むことはなくなります。歯周病の治療や、セルフケアの道具や使い方を知って効果的に予防しましょう。

    ・口臭予防グッズ

  4. 定期健診

    治療終了後、3~6ヶ月後に、定期健診のお知らせハガキをお送りいたします。虫歯がなくてもクリーニングなどの定期的な歯の検査をすることで虫歯や歯周病の早期発見につながります。クリーニングをして常にキレイな歯でいられるようにしましょう。季節の花や風景の写真を添えてお便りいたします。

    ・定期健診のお知らせハガキ